転職

退職代行とは?概要、サービス内容、料金など退職代行の全てを紹介

会社を退職する際に「退職代行」というサービスを利用して退職する人が急増しています。働き方改革や人手不足などの社会的背景や会社側と20-30代の若者の間に大きなギャップから「退職代行」の利用が加速しています。

本記事では近年流行っている「退職代行とは何か?」を説明します。

退職代行サービス(退職代行業)とは?


退職代行業者とは、退職希望者に代わりに会社に対して「退職したい」と申請や手続きをしてくれるサービスです。
退職代行サービスを利用する背景は人それぞれで、「上司の顔を二度と見たくない」「引き止めに会うので説明が手間」などあります。
基本的には会社への忠誠心が弱く、人間関係でもうまくいっていなかった方が多いです。
>>>退職代行とは?概要、サービス内容、料金など退職代行の全てを紹介

退職代行サービスには2種類あり、弁護士が行なっているか否かで分けることができます。
弁護士事務所が行なっていたり、弁護士を雇っている場合は、弁護士しか対応できないことがあるので、担当範囲が広くなります。
弁護士資格のない退職代行サービスは会社に対して「退職します」と伝えるだけですが、弁護士資格のある退職代行サービスは交渉やトラブル対策もでき、有給の未払いや損害賠償への対応なども行えます。

退職代行業者によってサービス内容は異なりますが、基本的に民間の退職代行サービスができることは、本人代わって会社に退職意向を「伝える」ことだけです。

他方で、弁護士が対応可能な交渉やトラブル回避は以下になります。

  • 有給消化や給与、残業代未払いについての交渉
  • 退職金、パワハラ等の慰謝料の請求
  • 離職票や退職証明書など書類の書き方のアドバイス
  • 退職の日程や引き継ぎに関する調整

「残業代の不払いも交渉してほしい」や「有給消化の調整をしてほしい」や「退職日の調整をしてほしい」や「業務の引継ぎの調整をしてほしい」など会社と交渉が必要な方や、現在トラブルの最中またはトラブルになる可能性がある方は退職代行業者をおすすめできないません。弁護士の退職代行サービスを利用しましょう。
>>>退職代行は弁護士に依頼がベスト!メリットとデメリットを解説


退職代行の利用者の特徴

退職代行サービスはSNSを中心に話題になったこともあり、利用者のほとんどが20-30代です。この世代は若い時からインターネットとともに育ったインターネットネイティブ世代です。

この世代が退職代行サービスを利用しますが、理由は様々で自分に問題がある場合と会社に問題がある場合があります。
退職代行を利用する場合は、下記のような人が多いです。

自分に問題がある場合 会社に問題がある場合
  • 会社の人から悪く思われたくない(穏便に退職したい)
  • 育休など休業明けで申し訳なくて言い出せない
  • 上司や人事が嫌いで直接話したくない
  • 大きな失敗をしてしまった
  • 辞めることを言い出す勇気がない
  • 会社が忙しくて言い出しにくい
  • 知人から紹介してもらって入社したので辞めづらい
  • 入社して間もないので言い出しにくい
  • 会社に行くこと自体が精神的苦痛
  • 今すぐ退職したい
  • 会社がハラスメント体質
  • 未払い残業代などを請求して辞めたい
  • 内部通報、転勤拒否などで立場が悪くなった
  • 辞めるなら有給休暇は使わせないと言われた
  • 退職を受け入れてもらえない
  • 辞めることで損害賠償を請求されないか不安
  • 管理職であるため自分からは言い出せない
  • 上司が怖くて言い出せない

 

退職代行を利用する理由は様々ですが、残業代の未払いやトラブル中に退職代行サービスを利用する場合は弁護士に依頼した方がトラブルを避けることができます。

退職代行のメリットデメリット


退職代行サービスにはメリットデメリットの両面があります。
退職代行業でもほぼ100%確率で成功できますが、トラブルの最中の場合には失敗する可能性もあります。

企業側は退職代行で退職申請されることを残念に感じると思いますが、自分にとってベストな形で退職申請しましょう。
退職代行で退職した場合には、その企業の上司や同僚とは関係を断つことが普通ですので、継続して人間関係を継続させたい場合は退職代行を利用しないほうが良いです。

メリット デメリット
  • 100%に近い確率で退職できる
  • 自分で退職したいと言わなくて済む
  • 会社の人と顔を合わせず退職できる
  • 退職代行会社によっては即日退職も可能
  • 弁護士に依頼するよりコストが安い
  • 退職にお金がかかる
  • 強制力がない
  • 退職後に良好な人間関係が築けない
  • 会社との交渉することができない
  • 退職が癖になり繰り返す可能性がある



退職代行の料金

退職代行サービスの料金の相場は30,000~50,000円です。
弁護士に依頼すると30,000~150,000円と幅が広く、抱えている問題などにより料金も異なります。

その他、即日対応オプションや手続き事務代行も併せて依頼した場合は、別途手数料が発生する可能性がありますが、一律固定の業者を選択することをおすすめします。

退職代行の流れ

退職代行の依頼の流れは簡単で申し込みすぐに対応していただけます。
基本的な流れはどの退職代行でも同じです。

  1. 電話やメールで退職代行サービスに仮申込み
  2. 退職に関する相談、本申込み、料金の支払い
  3. 担当者と打合せ
  4. 担当者が本人に代わって会社へ退職の意向を伝える
  5. 会社の備品を郵送返却
  6. 必要書類があれば郵送でやりとり

弁護士に依頼された際は、上記に加えて以下のようなサービスが追加されます。

  • 退職代行サービスに申込み
  • 弁護士によるヒアリング・相談
  • 弁護士名義の退職通知を会社に発送
  • 社会保険・年金・税金関係の書類手続きに関する交渉

相談から退職までの流れは、どの業者でもおおよそ次の通りです。

退職代行を依頼する場合は、まず退職代行業者か弁護士か判断が必要です。

退職代行業社を人気4社の徹底比較!この4社の中から選べば99%成功します2017年ごろにSNSなどで話題になった退職代行サービスをご存知でしょうか? 現在も退職代行サービスの利用者が増え続けており、ある退職...