仕事

「3人のレンガ職人」のあらすじ!仕事の目的とモチベーションの関係性

企業の研修などでよく使われる題材として「3人のレンガ職人」という物語があります。
この物語は「同じ作業でも目的や使命を持っているとアウトプットや成長の仕方が異なる」ことについて例えられています。

本記事では「3人のレンガ職人」の物語を紹介しながら、あなたの立場や現状に置き換えて現状を把握できるようにしています。
あなたは今、何番目のレンガ職人と同じ意識か確認しましょう。

「3人のレンガ職人」のあらすじ


「3人のレンガ職人」はイソップ童話の童話の一つです。
まず、はじめに最初から読んでください。

ある旅人が町を歩いていると、1人の男が道の脇で難しそうな顔をしながらレンガを積んでいました。

旅人は、その男のそばに立ち止まってたずねました。
「ここでいったい何をしているのですか?」
すると、男はこう答えました。
「見ればわかるだろう。レンガ積みをしているのさ。毎日毎日、雨の日も強い風の日も、暑い日も寒い日も1日中レンガ積みだ。なんでオレはこんなことをしなければならないのか、まったくついてない」
旅人は、その男に「大変ですね」となぐさめの言葉を残して歩き続けました。

しばらく行くと、一生懸命レンガを積んでいる別の男に出会いました。
しかし、その男は、先ほどの男ほどつらそうには見えませんでした。
そこで、また旅人はたずねました。
「ここでいったい何をしているのですか?」
すると、男はこう答えました。
「オレはね、ここで大きな壁を作っているんだよ。これがオレの仕事でね」
旅人は「それは大変ですね」と、いたわりの言葉をかけました。
すると、意外な言葉が返ってきました。
「なんてことはないよ。この仕事でオレは家族を養ってるんだ。この仕事があるから家族全員が食べていけるのだから、大変だなんて言ったらバチが当たるよ」
旅人は、その男に励ましの言葉を残して歩き続けました。

さらにもう少し歩くと、別の男がいきいきと楽しそうにレンガを積んでいました。
旅人は興味深くたずねました。
「ここでいったい何をしているのですか?」
すると、男は目を輝かせてこう答えました。
「ああ、オレたちのことかい? オレたちは歴史に残る偉大な大聖堂をつくっているんだ」
旅人は「それは大変ですね」と、いたわりの言葉をかけました。すると男は、楽しそうにこう返してきました。
「とんでもない。ここで多くの人が祝福を受け、悲しみを払うんだぜ! 素晴らしいだろう!」
旅人は、その男にお礼の言葉を残して、元気いっぱいに歩き始めました。

引用:イソップ童話

created by Rinker
¥1,122
(2019/12/15 22:47:34時点 楽天市場調べ-詳細)

「3人のレンガ職人」に登場するそれぞれのレンガ職人

物語はいかがでしたでしょうか?
旅人は3人のレンガ職人に遭遇し、同じ作業を行なっているにも関わらず「やる気」「モチベーション」「態度」が大きく違いました。
それでは、3人のレンガ職人について振り返ります。

1番目のレンガ職人

悪天候の日なども変わらず一日中レンガを積み上げています。
「やらされている作業」で仕事に対しての使命感も弱く不平不満を漏らしながら作業をしています。
「指示待ち人間」もここに該当します。

2番目のレンガ職人

家族を養うという目的を持って仕事に取り組んでいます。仕事があることに感謝しており、このことは非常に素晴らしいことです。
しかし、それならば他の仕事でも問題なく、「レンガ職人」に対しての使命感やこだわりはありません。

3番目のレンガ職人

偉大な大聖堂を建てるという高い志を持って仕事をしています。
そして、建てるだけでなくそれに関係する人の幸せを考えており、世の中に貢献することを目的とし、強い使命感やモチベーションを感じることができます。

>>>モチベーションの正体とは?動機を理解することでコントロールできる



「3人のレンガ職人」の意義や目的

3人のレンガ職人の違いは何でしょう?
つまり、「目的」を理解しているか否かです。

1番目のレンガ職人は目的がなく、
2番目のレンガ職人は目的はあるがお金を稼ぐことが目的で、
3番目のレンガ職人は大聖堂を作り、人を幸せにすることを目的にしていました。

“目的”とは、「成し遂げようと目指す事柄。 行為の目指すところ」
引用:広辞苑

目的を持って行動するからこそ、仕事や作業にも熱中できます。
そして、深く思考するからこそ、いい仕事をしようと高いモチベーションになり、積極的に行動に移り著しい成果や結果を生むことができます。
他方で目的がズレていると、同じ作業でも成果や結果が生まれにくく、無駄な時間や努力になります。



あなたの仕事への「目的」や「意識」の確認

上記した「3人のレンガ職人」であなたは何番目のレンガ職人に該当するか、下記のチャートに照らし合わせて現在の立場や意識を把握しましょう。
縦軸を「仕事・作業に対する動機」、横軸を「仕事・作業に携わりたい期間」です。

短期・単発 中期・継続 長期・生涯
「使命」と捉える 3番目のレンガ職人(使命)
「挑戦」と捉える
「労役」と捉える 1番目のレンガ職人(作業) 2番目のレンガ職人(稼業)

>>>「目標」と「目的」と「手段」の意味や使い方の違いとは?

いかがでしたでしょうか?
日々の仕事や業務に目的意識を持って行うことで、モチベーションや充実時間や成長を感じることができ、結果として高いパフォーマンスや成果を導くことができます。

「うまくいっていないなっ」と感じた時には、一度立ち止まり、「なぜその仕事や作業を行なっているか?」と目的を考えるとうまくいきます。
また、チームで仕事する場合や部下に指導する場合も目的を意識することでスムーズにできます。