仕事

【つらい】社内ニートの暇つぶしや過ごし方!脱出方法や転職についてアドバイスも!

会社には毎日定時に出社しているけど、やることがなくてつまらない!と感じている人も多くいます。このような人を社内ニートと呼びます。
近年、社内ニートが増えており、個人のキャリアや働き方で悩む20-30代が沢山います。
このまま社内ニートで会社に居続けるのも、脱社内ニートのために努力するのも、転職をして新たをチャンスを掴むのも本人次第です。

本記事では会社での過ごし方やあらゆる選択肢の中から社内ニートにとってベストな方法を紹介します。

社内ニートとは

社内ニートとは出社しても仕事がなく、退社時間になるまで暇つぶしをしています。
上司から指示を振られることもなく、やる事がなく机で退社時間が来るのを待ちます。

下記のような行動が増えてきたら社内ニート予備軍です。

  • ネットサーフィンをする
  • 頻繁に雑談をする、オフィス内を歩き回る
  • コンビニや自動販売機に行く回数が増える
  • トイレにこもる
  • Excelや資料を開いたり閉じたりする

社内ニートが生まれる理由は「本人」「会社」「社会的背景」があり、全てが本人の責任ではありません。
>>>社内ニートが特徴と原因とは!会社の社内ニートへの対応の仕方

社内ニートの選択肢

社内ニートは楽しいものでしょか?それとも辛いものでしょうか?

社内ニートの予備軍やなったばかりだと「仕事しなくても給料もらえるないいてラッキー!」と思えますが、1ヶ月もすれば肉体的にも精神的にも負担が多いのが現実です。
実は社内ニートは勝ち組ではなく地獄の始まりで、罪悪感や虚無感や無力感を感じながら毎日社内で活動することになります。

その中で、社内ニートは「社内ニートで居続ける」のか、「社内で頑張り改善の道を進む」のか、「転職して新しい環境でやり直す」のか、どれかの選択をしなければなりません。同じ社内ニートでも現状維持か改善意欲がある方で日々の過ごし方や周りとの接し方が異なります。

「社内ニートで居続ける」でも収入面や雇用面は当分(1-3年)は確保されますが、昇進昇格や成長などの長期的視点の場合は非常にリスクが高いです。成長もしないため、いざ転職しようとした時にスキルがなく転職も難しくなります。

社内ニートの暇つぶし・過ごし方


社内ニートには時間が十分にあり、パソコンでインターネットサーフィンをしたり、無意味なことを繰り返している人も居ます。

一般的な社内ニートの暇つぶし・過ごし方です。

  • 今しなくてもいい事務作業
  • 仕事をしているふり
  • ネットサーフィン
  • 動画サイト閲覧
  • スマホゲーム
  • マウスやキーボードを無意味にカチカチ
  • 長めの昼休憩・トイレ
  • 職場の掃除
  • 何もせずボーッとする
  • 旅行の計画を立てる
  • スキルアップ
  • 先回りして仕事
  • 書類整理
  • スケジュールを考える
  • 仕事を手伝い
  • トイレ
  • 雑談
  • 副業
  • マニュアル整備
  • 電子書籍で読書

しかし、時間はたくさんあるため有意義に使うこともできます。

資格の勉強

語学や簿記やパソコンなどの汎用的なスキルから、各職種の専門スキルまで何もしない時間を利用して勉強に励みます。
勉強することでスキルアップや現職に役立つこともありますし、勉強内容で同僚に質問などするとコミュニケーションのきっかけにもなります。
また、転職活動を考えている方はその準備として、スキルや資格の勉強が役立ちます。

副業

働き方改革により副業を認める企業が増えてきています。
それに伴い、クラウドワークスやマッチングサイトのようなWebサービスもあり、副業がしやすい環境が整ってきています。
短時間でできる副業も多いため、仕事の隙間時間などを活用して副業をする事ができます。


社内ニートの脱出方法

今もし社内ニートで悩んでいるとしたら、自分から動き出さなければ状況は変わりません。

仕事を120%で行う

社内ニートになった理由を考えましょう。そこには「仕事でミスをした」「期限通りに終わらなかった」「上司と上手くいかなかった」など内的要因があると思います。
その内的要因を改善するよう日々の仕事を120%で行いましょう。
上司や同僚に自分からフィードバックをもらいに行き、自身がやる気のあることを周りに示しましょう。
周りからの見る目が変われば信頼を回復することができます。

同僚を手伝う

社内ニートになる人の特徴の一つに同僚とのコミュニケーションの不足が考えられます。
日本では「持ちつ持たれつ」「困った時はお互い様」との言葉があるように、協調性や助け合いの精神が重要視されます。
giveの精神が社内ニートから変わる一歩になります。
こちらは積極的に周りの社員に「手伝うことありませんか」と、聞くという方法です。

しかし今の職場でどれだけ頑張っても、一度失ってしまった信頼を取り戻すことは大変です。すぐには改善できないと思いますが、長い目で取り組みましょう。

人事部や上司や先輩社員に相談する

上司や周りの同僚、先輩社員に相談してみることです。
職場に話やすい相談相手がいるなら、その相手に相談してみたり、そのような相手がいないなら上司に相談してみたりして、現状を改善したい気持ちを伝えましょう。

課題意識を持って「もっと働きたい」と報告があるのは上司として嬉しい事です。
普通に考えたら改善策を提案してくれたり、仕事を増やせるよう努力してくれたりします。


社内ニートの転職のススメ

社内ニートを抜け出すもう1つの方法は「転職」です。
これは「逃げ」ではなく、ポジティブな気持ちで考えましょう。
ストレスを感じながら、社内ニートをやっているのであれば、早急に環境を変えるのが賢明です。

しかし、転職活動を行う前に、「なぜ社内ニートになったのか?」と原因を正確に把握し、新しい職場では繰り返さないように自分自身で対策が必要です。

転職することを決めたら転職サイトに登録して、職務経歴書などを提出して進めていきましょう。
転職活動はいくら社内ニートだからと言って就業中に行わず、家で行いましょう。
従業員でいる以上、会社に対しての配慮は必要です。

社内ニートで会社に居続けるのも、脱社内ニートのために努力するのも、転職をして新たをチャンスを掴むのも本人次第ですので、自分に合わせた働き方をしましょう

退職代行とは?概要、サービス内容、料金など退職代行の全てを紹介会社を退職する際に「退職代行」というサービスを利用して退職する人が急増しています。働き方改革や人手不足などの社会的背景や会社側と20-3...