転職

退職代行は弁護士に依頼がベスト!メリットとデメリットを解説

新しい退職の仕方として、退職代行が一般化してきています。
退職代行業者には弁護士の力が必要としますが、弁護士なしに退職代行業務を行なっている会社もあります。
そのため、時折トラブルも発生していますので、退職代行サービスを利用する際には弁護士事務所が行なっているサービスや職員として弁護士を雇っている会社が適切です。

本記事では退職代行を弁護士に依頼するメリットデメリットについて紹介します。

退職代行とは

退職したいのに退職できなくて困っている方のために、弁護士が代わりに申請や手続きを行ない、無事に退職できるようにするサービスです。
下記、例などが当てはまります。

社内の人間関係 劣悪な労働条件 自分自身の変化
パワハラ
セクハラ
モラハラ
いじめ
喧嘩
残業
休日出勤
低賃金
長時間労働
給与未払い
方向性の違い
スキルアップ
価値観の変化

>>>退職代行とは?概要、サービス内容、料金など退職代行の全てを紹介

退職代行業者と弁護士の違い


退職代行業者と弁護士のどちらに依頼しようか悩む方もいると思います。
退職代行業者と弁護士の費用やサービス内容を比較した表です。

 

退職代行業者 弁護士
費用(正社員) 3-5万円 3-15万円
即日対応
相談 無料 無料 or 有料
退職代行の実績
法律問題解消 ×
未払い残業代の請求 ×
有給休暇の取得交渉 ×
退職拒否された時の対応 ×
労災の申請相談 ×
損害賠償時の対応 ×

退職代行業者は会社に退職の旨を伝えて手続きは行いますが、トラブル解消や交渉が必要な場合には対応してくれません。
退職代行業者は弁護士ではないので、法律的なことについては代行することができません(「非弁行為・非弁活動の禁止」)。
サービス料をもらって退職に関する業務を代行することが「非弁行為」に該当し、弁護士法に違反します。

退職代行業者を利用して、強引に無理のある退職を行い、会社側の弁護士からの損害賠償請求を起こされる案件が目立つようになってきております。
退職代行業者はこのようなリスクを隠したまま、手続きを進めるケースがあります。
>>>退職代行業社を人気4社の徹底比較!この4社の中から選べば99%成功します


弁護士に依頼するメリット

説明したように、未払賃金(残業代など)請求や交渉や法的トラブルの対応など弁護士にしかできない業務があります。

また、法律の専門家である弁護士からの退職の申し入れを無視することは考えにくいため、
会社側はあなたの退職届をそのまま受け入れる可能性が高いと言えます。
企業側の視点でも退職代行業者より、弁護士の方が対応したくないのが本音です。
そして、弁護士の方が幅広い範囲をしてくれ、退職代行業者より成功する可能性が高いです。

例えば未払いになっている給料や不払いの残業代がある場合、また余っている有給休暇の買い取りを希望する場合やセクハラ・パワハラといったハラスメントの事実がある場合、弁護士に依頼して交渉・慰謝料請求をすることで、まとまったお金が手に入る可能性があります。
結果的にお金がもらえた場合、もちろん金額にもよりますが弁護士費用を帳消しにできることもあります。

弁護士に依頼するデメリット

弁護士に退職代行を依頼するデメリットは、費用が高額であることです。
カバーする範囲が広く、成功確率も高い分費用が退職代行業者と比較しても高くなっています。
確実に成功させるために、弁護士はしっかりと準備をしてから申請の手続きを行います。
そのため、依頼してから即日対応ができない場合はあり、時間がかかることもあります。

そして、退職代行に対応している弁護士が少ないのもデメリットの一つです。
そのためインターネットで検索しても、それほど数は多くなく、地方などでは依頼するのが難しい場合もあります。

弁護士の退職代行への流れ


一般的には、退職代行業務を行なっている弁護士を探し相談します。
相談の際には退職理由や退職代行を利用する背景などを聞かれることがあります。

弁護士に相談した際に、対応方法や料金の説明があります。
料金の支払いは弁護士事務所によってことない、前金の会社もあれば、完全報酬で後払いにしているところもあります。

 

退職代行の弁護士に依頼した方がいい人

会社とトラブルもなく退職する場合には退職代行業でも可能です。
弁護士が退職代行を行う場合は対応範囲が広いため、下記に該当する方は弁護士に依頼しましょう。

  • 未払いの給与残高がある
  • 有給休暇を全て使って退職したい
  • パワハラセクハラの落とし前をつけたい
  • 労災申請や損害賠償など会社と戦いたい
  • 保険や年金などの手続きが面倒な方
  • うつ病や病気等で会社とのやりとりができない方

>>>退職代行で失敗しない方法!トラブルや問題点を事前に理解しよう


退職代行の弁護士の選び方

日本に弁護士事務所は数多くありますが、全ての弁護士事務所が退職代行を対応しているわけではありません。
また、弁護士にはそれぞれ得意不得意のジャンルがあるため、依頼する場合は労働問題などを得意にしている弁護士に依頼した方がいいです。
もし専門外の弁護士に依頼すると失敗や時間がかかる可能性があります。

本記事で説明したように、退職代行で会社との交渉やトラブルになる可能性がある場合は退職代行業者ではなく、弁護士に依頼することをお勧めします。