転職

退職代行で失敗しない方法!トラブルや問題点を事前に理解しよう

終身雇用や年功序列などの日本の習慣が崩壊し、働き方やキャリアが多様化してきています。
それに伴い、企業では入社する人材や退職する人材が流動的になり、退職にはその人の理由があり、会社を去っていきます。
従来は退職する際は、事前に上司や同僚に本人から直接伝え、引き継ぎを行ったのち退職するのが一般的でした。

しかし、昨今は退職代行サービスにが本人の代わりに申請や手続きをするようになりました。

退職代行とは


20-30代はインターネットネイティブ世代で小さい頃からインターネットとともに成長してきました。
その世代は従来とはコミュニケーションの仕方も異なり、挨拶やお世話になった方へのお礼などもSNSやLINEなどで行い、コミュニケーションの形が変わってきています。

2017年にSNSで話題になり、利用者も急拡大しているのが退職代行サービスです。
昔なら考えられないサービスですが、SNSやLINEなどのチャットツールによるコミュニケーションの簡易化や働き方改革の推進などの時代背景が合間って、利用者が増えているサービスです。

サービス内容はシンプルで本人に変わり、会社に対して退職の申請をして退職が実現されます。
退職者の思いを実現するために、会社に対して電話等で退職の意思を伝えてくれます。また、退職にあたり、有給の消化、保険証や貸与物の返却方法の指定などを依頼者の代わりに行います。

以下のような場合などに利用する方がいます。

  • 過酷な労働環境なのに退職をほのめかしたら強引な引き止めにあった
  • 退職届を上司に提出したが、上司が受け取らない
  • 退職したいと言ったら、上司から「退職するなら損害賠償を払え」と言われた
  • 辞めたいと相談したら嫌がらせを受けるようになった
  • 上司に過酷な待遇の改善を訴えたら逆に罵声を浴びられた

多くの人は会社をスムーズに退職することができず、退職申請をした際に引き止めにあい、時に人間関係が悪化し、退職申請の過程で多くのストレスを感じます。
また、ブラック企業やパワハラなどでうつ病や精神疾患を患い、無気力で会社と直ちに関係を切りたい人も退職代行サービスを利用しています。
>>>退職代行とは?概要、サービス内容、料金など退職代行の全てを紹介

退職を禁止する法律はない

退職の申請や手続きは本人ではなくても、法律的に問題ないのだろうか?
現在、法律では退職を禁止することはできません。

退職に関しては、民法第627条において「当事者が雇用の期間を定めなかったときは、各当事者は、いつでも解約の申入れをすることができる。この場合において、雇用は、解約の申入れの日から二週間を経過することによって終了する。」と定められています。



退職代行の問題・トラブル

退職代行サービスはほぼトラブルがなく、成功することがありますが、成功確率が100%ではないので注意しましょう。
近年、退職代行サービス業者が乱立しているため、大手や知名度のある会社のサービスを利用することでトラブルを防ぐことができます。

退職代行サービスにおいてトラブルは

  • 退職希望者と退職代行業者
  • 退職希望者と会社
  • 退職代行業者と会社

のどちらかの3つのうちのどれかになりますので、問題が発生した場合にはどこで起きたか確認しましょう。

退職代行サービスの失敗例


退職代行の失敗としては、退職ができなかったり、有給が取得できないなどが考えられます。
失敗する可能性があるものについてそれぞれ説明します。

損害賠償の請求

会社から損害賠償を受ける多くの原因は、退職の意思の通知のやり方が法令に基づいていない場合があります。
入社した際に、会社との間で雇用契約を結びますので、その法令にもとづいた適切な退職通知を行なわずに仕事を辞めると、雇用契約を解除できないことがあります。
この場合は損害賠償の請求をされる可能性がありますが、1人の従業員の退職に対して、損害賠償をする企業はほとんどありません。
しかし、重要ポジションや役職者の方は会社への影響力も大きいため、多額の損害が会社に発生した場合には損害賠償を請求される可能性はあります。

離職票が届かない

体質が古い会社では、「離職票は手渡しで本人が取りに来るべきだ!」と考えている会社もあります。
弁護士以外の退職代行業者は李食料を送付するように会社に伝えても、効力がありません。
これをハローワークに提出しないことには、雇用保険(失業給付)の手続きが行えません。

私物を返してもらえない

会社に置いてある私物が返却されない場合が考えられます。
私物の返却についても退職代行サービス伝えてもらえますが、退職代行を依頼する前に予め会社から持ち帰っておいた方が良いでしょう。

退職時の嫌がらせ

退職代行業者を利用しているにも関わらず、会社や上司から直接連絡が来ることがあります。その際にメッセージなどでパワハラのようなことを言われることもあります。
また、転職先が競合や同業界の場合は、悪評などを言われたり、SNSなどで個人攻撃にあう可能性があります。

有給が消化できない

退職日までに有給を取得できず、欠勤扱いにされることがあります。
また、有給の買取を行なっている企業もありますが、それが適応されない場合もあります。
退職代行を利用する前に有給消化を徐々に進めたほうがいいです。

>>>退職代行は弁護士に依頼がベスト!メリットとデメリットを解説



退職代行業者選びの失敗

退職代行業者の需要が高まり、多くの企業が参入をはじめました。
中には弁護士がいなかったり、体制が整っていない企業もあり、問題になることもあります。

下記のような退職代行業者は注意をしましょう。

  • 格安すぎるサービス
  • 料金体系が明確ではない
  • オプション料金・追加料金が発生する
  • 弁護士がいない業者

交渉ごとは弁護士以外のものが行うと、弁護士法違反(いわゆる非弁行為)になります。
このような事例はまだ見かけられませんでしたが、知識のない退職代行業者であれば、業務の線引きが曖昧になり、知らず知らずのうちに違法行為をする可能性もあるので注意です。
例えば、退職日の交渉、残業代の交渉などは弁護士にしかできません。

退職代行サービスは法的や仕組みとしては問題ないので、本文で説明した内容を注意しながら活用しましょう。

退職代行業社を人気4社の徹底比較!この4社の中から選べば99%成功します2017年ごろにSNSなどで話題になった退職代行サービスをご存知でしょうか? 現在も退職代行サービスの利用者が増え続けており、ある退職...