会社・社内環境

産休に入る方へのメッセージの送り方!産休メッセージ例文集!

日頃お世話になっている同僚などが産休を取る場合は、プレゼントやお祝いのメッセージを準備する人も多いと思います。
併せて、産休に入る同僚から産休前の挨拶メールを受信することもあります。
その時に、どのような気のきいた言葉を掛けるのが適切か一瞬悩むことがあると思います。

本記事では、産休に入る方へのメッセージのマナーや例文について紹介します。

産休メッセージのマナー


産休のメッセージを送る頻度はなく、どのような言葉が適切でマナーなのか分からないことがあります。
特に会社やビジネスシーンでは友人に送るメッセージとは異なります。
産休のメッセージの基本的なマナーは下記です。

  • 出産には何があるか分からない為、様々なことを勘案してメッセージを考えること
  • 赤ちゃんに対する過度な期待を寄せるのは控えること
  • 縁起の悪い言葉は避けること

マナーとは基本的には相手のことを考えて、相手が不快や負担にならないようにすることです。
妊娠時は心身ともに不安定になり、いろんなことに過敏に反応することも増えます。
その為、メッセージは意味の取り違いや深読みされないようにシンプルな文章で伝えましょう。

そして、産休や育休後は職場に復帰することも多いと思いますので、復帰後の関係性に影響が出ないように、そして産休者に早く職場復帰したいと思ってもらえるようなメッセージを送りましょう。
>>>産休に関する手当やお金のことを説明。期間はいつから?手当や給与の計算の仕方は?

産休へのメッセージの注意点

誰もが産休者に対して、無事に元気な赤ちゃんを出産することを望んでいますが、万が一のこともありますので直接的な表現は極力控えましょう。

  • プレッシャーにならないようにする
  • 赤ちゃんの性別に関する内容は避ける
  • 退職を感じさせる書き方はしない
  • いなくても困らないような書き方はしない

「元気な赤ちゃんを出産してください」というメッセージは一見ポジティブそうですが直接的な表現のため適しません。

仕事について書く時も産休者が「迷惑をかけてしまい申し訳ない」と感じてしまうようなメッセージは避けましょう。
また「今までお疲れ様でした」「お世話になりました」といったお別れを連想させるメッセージは控えましょう。

出産を間近に控えた妊婦さんは心身ともに不安定でデリケートです。
メッセージカードや寄せ書きなどのシンプルなデザインで、白やアースカラーなど刺激の少ない色がおすすめです。

産休や出産前のプレゼントの選び方!おすすめの贈り物を紹介!近年働き方が多様化して産休や育休を取得する人が増えており、社内で同僚などが産休を取ることもあると思います。 出産はおめでたいことで、安...

産休に入る同僚へのメッセージの例文

『○○さんへ
産休直前まで、お仕事お疲れ様でした。
○○さんと一緒にやり終えた△△のプロジェクト、すごくやりがいのある仕事でした。また産休後にも、一緒にあんなプロジェクトをやれたらいいですね!
いまは、お仕事のことは一旦忘れて、ゆっくりと体を休めてください。
また、産休後は赤ちゃんの話なども色々聞かせてくださいね』

『○○さんへ
産休直前まで、引き継ぎなど大変だったかと思います。お疲れ様でした。
私が引き継いだ仕事はしっかり責任を持って進めますので、安心して産休にお入りください。
○○さんから、いつも仕事の刺激を受けていました。本当にありがとうございます。
産休明けには、またランチにでもいきましょう!その時、赤ちゃんの話もたくさん聞かせてくださいね』

『○○さんへ
体調がつらいこともあったと思うけれど、お腹の中で赤ちゃんを育てながらここまで仕事をやり遂げた〇〇はすごいです。

頑張り屋さんの〇〇だから会社のことが気になってしまうかもしれないけれど、赤ちゃんを育てる以上に大切な仕事はないから、お休みのあいだは自分の身体を第一に考えてね。
また〇〇と仕事をするのを楽しみにしているよ。』



産休に入る上司や先輩へのメッセージの例文

『〇〇さん、おめでとうございます。
いつも、お世話になっている先輩の妊娠に、私も喜びで胸がいっぱいです。
ゆっくりと、休んで体を大事にお過ごしくださいね。
元気な赤ちゃんの誕生を祈っています。
また、一緒に仕事ができるのを楽しみにしています。』

『〇〇さん、おめでとうございます。
いつも、フォローしていただきありがとうございます。
産休中は、どうぞ体をお大事になさってください。
また、復帰後に赤ちゃんのお話が聞けるのを楽しみにしております。
安産でありますようお祈りします。』

『○○さん、おめでとうございます。
いつもご指導ご鞭撻いただき、誠にありがとうございます。
産休後、○○さんにご指導いただいたことをいかし、成長した姿をお見せできるよう、頑張って参ります。
産休中は、ご自愛下さいませ。またお仕事ご一緒できる日を、楽しみにしております。』

『○○さん
おめでとうございます。いつも大変お世話になっております。
お返しできるよう○○さんの産休中は頑張りますので、どうぞゆっくりと体を休めてください。
お仕事に復帰された際は、またご指導よろしくお願いいたします。』

産休に入る後輩や部下へのメッセージの例文

『○○さん、おめでとう!
妊娠中は体調が悪くなることも多いと思うのに、産休直前までお仕事お疲れ様でした。
いつも仕事を頑張っていて、素直に質問してくれる○○さんの姿勢は、私もずっと見習いたいと思っていたよ。
産休中は、体に気をつけてゆっくり過ごしてね。また一緒に仕事できる日を楽しみにしています』

『〇〇さん、おめでとう。
きっと○○さんのことだから、産休中の仕事のことも気になってしまうと思うけど、○○さんと赤ちゃん以上に大切な仕事なんてないから、今はゆっくり体を休めてください。
仕事のことは、私が責任を持ってやっておくからね。戻ってきたら、そのときはまたフォローもするから安心してください。』



産休に入る社外や取引先へのメッセージの例文

『いつもお世話になっております。

この度はご懐妊、誠におめでとうございます。ご多忙の折、ご連絡をいただき大変恐縮です。

〇〇様にはこれまで多大なるご尽力を賜り、心より感謝申し上げます。〇〇様が産休中の業務につきましては、△△様とご連絡をさせていただきます。

大変な時期かと思いますので、お身体にはくれぐれもお気をつけください。〇〇様のご復帰をお待ち申し上げております。』

『○○様
いつもお仕事では大変お世話になっております。
ご懐妊、本当におめでとうございます。お忙しい折にご連絡賜り、誠にありがとうございます。
お休み中の業務につきましては、ご教示いただいたように●●様とやりとりさせていただきます。
しばらくは大変な時期が続くかと思いますが、母子ともに健康に気をつけてお過ごしくださいませ。
またお仕事をご一緒できる日を、楽しみにしております。』

産休のメッセージを英語で書くときの例文

Wishing you all the best on your maternity leave.Take very good care of yourself.”
「素晴らしい産休になりますようにお祈りしています。体調にはくれぐれも気を付けてくださいね。」

enjoy this precious time. Can’t wait to see pictures of the newest family member.
「この貴重な時間を楽しんでくださいね。新しい家族の写真を見るのを楽しみにしています。」

Best wishes to you and your new little one.
「あなたと小さな新しい命に幸運を。」

Congratulations on your new arrival.
「新しい命を祝福します。」

Wishing you love and happiness!
「愛と幸せが、あなたに来ますように。」

Good luck on your maternity leave. Take your time to rest.
「良い産休になりますように。ゆっくり休んでくださいね。」

 

 

産休のメッセージで何よりも大切なのは想いです。
産休者のことを考え、最低限のマナーを守り、自分なりの言葉で伝えましょう。