会社・社内環境

なぜ社内恋愛禁止のなのか?社内恋愛における会社の言い分とリスク

仕事と家の往復の繰り返しで人間関係が限定されている方も多いと思います。
職場で気の利く社員や仕事がテキパキできる社員がいると異性として魅力に感じ、それが気になる存在になり、好きな人になり、恋人になる場合もあります。
恋人や付き合っている当事者同士は幸せですが、会社や同僚の視点で考えると社内恋愛を推奨しない会社も多いです。

本記事では社内恋愛禁止の理由やリスク、社内恋愛がバレる時などについて説明します。

なぜ社内恋愛は禁止?会社が考える社内恋愛のリスク


会社が社内恋愛を禁止する理由、リスクと感じることは4つありますので、それぞれ説明します。
社内恋愛禁止の背景に過去に「苦い思い出」や「悪い影響があった」があります。
それらの失敗を活かして、同様のことが再度起こらないようにしています。

社内恋愛のリスク①「公私混合を避けるため」

社内恋愛で会社側が困る理由は「公私混合」です。
本人たちは普通通りに行なっているつもりでも、知らず知らずのうちに社内でいちゃついたり、痴話喧嘩をすることがあります。
退勤時間などを合わせるようにもなるので、恋人ありきの仕事時間などの調整をするようになることもあります。

本人たちだけでなく、社内では噂話なども始まり、他の方の仕事の効率が悪くなり、同僚対しても悪い影響が出ます。

社内恋愛のリスク②「企業秩序や風紀の乱れ」

恋人が上司部下の関係の場合に人事評価が適正に行われない場合もあります。
具体的にはボーナス・昇給・部下の希望部署への配置転換など上司としての判断が困難になります。

また、恋人が別れた後の同僚に掛かる負担が増えますし過剰に気を使わなけえばなりません。
最悪の場合はどちらかが退職する可能性もあります。

社内恋愛のリスク③「セクハラやストーキング」

事例として多いのが、別れた後にセクハラやストーキングや嫌がらせなどの犯罪や法的問題などの重大事項になることです。
社内恋愛で恋人同士が一方的に別れたり未練がある場合にこのような事件になる可能性がありますが、別れる過程まで会社は管理できないのが実情です。
これらの噂が取引先やお客様まで話が流れることもあり、会社としての信頼を落とす可能性もあります。

社内恋愛のリスク④「情報漏えいの危険性」

同じ社内とはいえ、部署や担当業務が違うと所持している情報も異なります。
それらの情報が恋人同士で流れてしまう可能性が高いです。
例えば、片方が人事部で片方が営業部の場合に、恋人に社内人事の機密情報が流れるリスクがあります。

社内恋愛だとオフのデートの時もどうしても仕事の話が多くなり、会社の情報が漏れる可能性があります。



社内恋愛についての社内規則は?罰則は?


いくら会社が社内恋愛を禁止と公言していても、恋愛はあくまでも個人の自由です。
「社内恋愛の禁止は、業務と直接関係がないため、労働契約法に定められた人格権の侵害に当たる可能性がある」という考え方です。

社内恋愛禁止でも、犯罪や違法でないため会社でも強制力を持ってすぐに罰則を与えることができません。
しかし、社内にネガティブな影響を与えた場合や、正式に注意があっても継続した場合には対処される可能性はあります。

【就業規則に「社内恋愛禁止」を含めるのは違法ではない】
「就業規則に社内恋愛禁止を掲げるのは違法ではないのか」と考える人もいるかもしれません。
企業は社内恋愛禁止を掲げていることはできますが、それは法的拘束力はなく、あくまでも訓示として就業規則に含めているだけです。

企業は社内恋愛だけを理由に社員の解雇や罰則などはできません。
しかし、社内に対して影響力が強かったり、マイナスに働いた場合には降格・転勤・部署移動など人事制度を活用して間接的に処罰が課せられることがあります。



社内恋愛のバレる時

企業が社内恋愛に気づく理由を説明します。
下記4つが主な理由であり、これらは職場のみならず学校などでも同様です。
高校生や大学生の時に隠れて付き合っていても、バレたことがある人もいると思いますが、バレる理由はその時とほぼ同じです。

  1. 社内での恋人に対する態度
  2. SNS投稿
  3. 休日の過ごし方や行ったレストラン等の共通点が多い
  4. デート現場を同僚に目撃される

態度でバレる場合は特に女性に多く、秘密にできず中のいい同僚などにランチの時などに喋ってしまうことなどもあります。
インスタグラムなどで投稿した内容にチラッと写ってしまった恋人の靴や時計などでバレることもあります。また、同じ店に行った投稿や感想が続いていると感のいい同僚は気づくかもしれません。
仕事帰りや休日にデートを目撃されることもあります。どんなに注意しても、バレる時にはバレますし、周囲を気にしすぎるとデート自体が窮屈になります。

女性からバレる傾向として、「バレたら会社をやめて結婚すればいい」と思っている女性ほどバレやすく、隙だらけです。
そのような女性と付き合う場合には、男性も結婚前提に付き合いましょう。

恋愛することは本人同士の自由ですが、会社や同僚に対してマイナスの影響が出ないように配慮と注意は必要です。