副業

【副業やフリーランスにオススメ】オンラインアシスタントやオンライン秘書の仕事!求人や収入や時給を紹介

業務の効率化や外注化によりオンラインアシスタントやオンライン秘書を利用する企業が増えています。
インターネットでオンラインアシスタントやオンライン秘書を検索すると、依頼主の企業側の情報はたくさんありますが、アシスタントをする側の情報が不足または検索で見つけにくくなっています。

本記事では、フリーランスや副業や在宅でこれからオンラインアシスタントとして勤務したい方に向けて、求人や収入や時給などについて紹介します。

オンラインアシスタント・オンライン秘書の仕事内容

オンラインアシスタントはオンライン秘書、在宅秘書、ビジネスアシスタントなどいろんな呼び方がありますが、意味はほぼ同じです。
働き方改革や女性の社会進出などの時代的な背景があり、個人でフリーランスで働く方や出産・育児・介護などでなかなか働きに出られない女性にも人気がある仕事になります。
会社に行かず自宅やカフェなど働きたい場所からクライアントの事務業務や秘書業務を行うことです。

業務は範囲は多岐にわたり、自身のスキルや経験に合わせて仕事を行うことができます。

  • 秘書業務
    メール確認・返信、タスク・スケジュール管理、架電の取次、資料作成
  • 経理関係
    給与計算、代理振込、請求書作成、経費精算
  • 人事関係
    採用、会社資料作成、労務勤怠管理、有給管理
  • 営業
    架電による顧客獲得、営業メール送信
  • WEB制作
    Webサイト更新・運用、WEBサイト記事作成、簡単なバナー、画像加工
  • 翻訳
    メール翻訳、英文翻訳、英⇆日など
  • 文字起こし
    インタビューの文字おこし、議事録作成

クライアントの規模感や業務量にもよりますが、1人で対応できない場合などは一つのクライアントに対して秘書たちがチームを組んで時間や業務範囲が割り振られます。
その場合は、「クライアントから指示をもらい、タスクを割り振る人」と「指示された仕事を実際にこなす人」の二つの分かれます。

オンラインアシスタントに必要な資格とは

オンラインアシスタントを行う上で必須資格はありませんが、秘書検定3級や日商簿記検定3級やマイクロオフィススペシャリストがある場合には仕事の幅が増えます。
業務内容によって単価が異なり、「英語翻訳」「経理」「画像編集」ができると高い時給で働くことができます。

created by Rinker
¥1,100
(2019/10/18 10:03:17時点 楽天市場調べ-詳細)

オンラインアシスタントに向いている人と向いていない人を紹介します

向いている人 向いていない人
秘書・人事業務経験者である
周りに気を配ることができ、気が利く
人をサポートすることにやりがいを感じる
リサーチ力に長けている
言われなくても、相手が望むことを察知して動ける
柔軟な対応力がある
細かい仕事が苦手である
自分が主役になりたい
同じことの繰り返しが苦手である
文章が苦手である
ITリテラシーに精通していない
時間にルーズである



オンラインアシスタントのメリットデメリット


オンラインアシスタントとして働く上でのメリットデメリットを紹介します。

オンラインアシスタントのメリット

  1. 自宅で仕事ができる
  2. スケジュール調整が自分でできる
  3. やりたい・やってみたいことを選べる

オンラインアシスタントの一番のメリットは自宅や好きな場所で仕事ができることです。
都心ではなく、地方や海外に住みながらでも行うことができます。
通勤時間ゼロや満員電車ナシのため移動する時間も節約でき、心身ともに疲労が溜まりにくいです。
自分で仕事する時間を決めることができ育児や家事の家庭環境にあわせた働き方ができます。子供の緊急な病気などにも対応しやすいです。

オンラインアシスタントの業務範囲は多岐に渡るため、未経験の業務でも行うチャンスがあり、新しいスキルの習得にも繋がります。
一方で苦手や不得意な仕事は拒否もできますので、「やりたい仕事、挑戦したい仕事」を積極的に行うことができます。

オンラインアシスタントのデメリット

  1. 自己管理は会社員以上に必要
  2. ITが苦手な人には大変

デメリットは自己管理が大変なことです。
自由が多い反面、仕事に集中することができない、スケジュールがうまく組めない、ずっと家にいるので運動不足になるなど、のマイナス面があります。
公私ともに自己管理をすることが必要となります。

仕事は全てオンライン上で行いますので、インターネット環境は必要です。
勤怠の管理はオンラインで行い、ChatworkやSlackなどのビジネスチャットツールを用いて日々のコミュニケーションをとり、appear inやzoomなどを活用してテレビ会議を行います。
オンラインでの業務やパソコンが苦手な方は勉強が必要です。


副業やフリーランスでオンラインアシスタント

働き方改革により副業やフリーランスでオンラインアシスタントを行う方が増えています。
副業の場合は昼休みや就業前の時間を使って対応しています。
本業を行いながら、一日1-2時間の勤務時間でもできますので、副業としても注目されています。
会社員でオンラインアシスタントでスキルアップをして、本業に活かす人もいます。

オンラインアシスタント・オンライン秘書の収入や時給


オンラインアシスタントの給与は時給で1000円〜2000円が目安です。
求人票を見ると一番多いのは1000~1100円です。

新人の時は1000円から始まり、実績を積むと時給が高くなります。
また、担当できる業務範囲でも時給が異なってきます。

時給1000~1100円の場合、フルタイム(8時間)で1カ月に20日間勤務したとすると、
月給は16~17.6万となり、年収に換算すると192~211万円となります。

オンラインアシスタント・オンライン秘書の求人

オンライン秘書の仕事をする見つける場合は3つの方法があります。

  1. 個人で見つける
  2. オンラインアシスタントサービス会社で見つける
  3. クラウドソーシングのプラットフォームで見つける

個人のコネやブログやSNSでクライアントを見つけることができます。この場合は仲介業者が入らないため、時給が少し高くなります。
一方でクライアントとの契約やコミュニケーションを全て自分で行わなければなりません。万が一クライアントとトラブルになった場合も自分で対応しなければなりません。

オンラインアシスタントサービス会社で見つけるのが一般的です。豊富な案件を保持しており、やりたい仕事が見つかることが多いです。
また、会社を通じて手続きや仕事の仕方などの教育もありますので、早く便利に行うことができます。しかし、時給はそれほど高くありません。

クラウドワークスやランサーズのプラットフォームでは上記の2つの中間のイメージです。
クライアントを見つけるまではプラットフォームを活用できますが、その後の契約やコミュニケーションは個人で行います。
プラットフォーム使用料も発生しますが、一度契約して継続する場合には個人での契約に繋げることも可能になりますので、給与をあげることができます。


オンラインアシスタントの求人内容

オンラインアシスタントやオンライン秘書のよくある求人を紹介します。
オンラインアシスタントにはクライアントとのアシスタントの間に立ってコミュニケーションをする「オンラインアシスタントのリーダー」と実際の実務をこなす「オンラインアシスタント」がいます。
一般的な2つの求人や募集要項を紹介します

募集職種 オンラインアシスタントのリーダー オンラインアシスタント
雇用形態 契約社員(正社員登用の可能性あり) 業務委託
職務内容 秘書業務、クライアントの窓口としての業務
他アシスタントへのディレクション業務
オンラインで、アシスタント業務・秘書業務・人事経理業務・Web制作補助など、ご経験に合わせた業務を対応。
直接クライアントから依頼を受けるのではなく、社内のクライアント担当より依頼を受ける。依頼は全てオンラインで完結します。
必須スキル ITリテラシーの高い方
中級以上のMS Officeスキル
対人スキルが高い方
パソコンスキル、MicroSoft Officeスキル、対人スキル
歓迎スキル カスタマーサポート、コールセンター経験
リスティング広告運用経験
WEBデザイン実務経験
マネジメント経験
日商簿記2級以上をお持ちの方
会計事務所、税理士事務所等での勤務経験がある方
総務、人事、バックオフィスの業務経験Web関係企業での勤務経験
コールセンター勤務経験
給与・報酬 18万円~27万円
(試用期間3か月時給932円)
タスク見込み1時間あたり1000円(税込)
勤務時間・時期 平日 週5日 24時間 お好きな時間
完全在宅勤務 基本的にご自宅をオフィスとして出社して頂き、終日弊社の業務を行って頂くお仕事です。 ご自宅等にて弊社の業務を行っていただきます。
福利厚生 社会保険完備、有給休暇、正社員登用あり PC貸与・購入補助制度あり

クラウドソーシングでオンライン秘書を仕事を探す方法

クラウドソーシングでオンライン秘書を見つけることができます。
代表的なプラットフォームはクラウドワークス
やランサーズやココナラ
です。
特にオススメなのがクラウドワークスで「オンラインアシスタント」や「オンライン秘書」と入力すると案件が見つけられます。
ランサーズは人気プラットフォームですが、オンラインアシスタントの案件が少ないのと、手数料が高いのであまりオススメしません。
ココナラはもっとも気軽に使えるサービスですので、試してみるのもいいかもしれません。

下記、リンクから登録や案件を検索することができます。
クラウドワークス>>>公式ページ
ココナラ>>>公式ページ

クラウドソーシングでオンラインアシスタントの仕事を見つけることもできます。