会社・社内環境

お礼の社内メールの例文と送り方のマナー!仕事協力や依頼に便利【テンプレート付き】

ビジネスのあらゆるシーンで感謝の気持ちを相手に伝えるために「お礼メール」を送ります。
お礼メールをスマートに感謝の気持ちを込めて送ると、上司や同僚からの印象もだいぶ変わってきます。
文字だからこそ感情が伝わらず味気ない言葉になってしまうので、メールでも感謝の気持ちが丁寧に伝わるようにすることが大事になります。
お礼のメールは「打ち合わせ同行お礼メール」や「上司への感謝メール」、「食事のお礼メール」や「歓迎会お礼メール」など色んなシーンで必要になりますので、ビジネスメールテンプレートを活用して、業務の効率化を図りましょう。

社内の「お礼メール」の書き方のマナー

お礼メールは社内外ともに基本的なルールは同じですが、良好な人間関係構築のために社内の同僚や上司へも丁寧な対応が必要です。

もっとも大切なことはスピードです。お礼のメールはお互いに気持ちが冷める前にメールを送ることが大事ですので、当日中もしくは翌日の午前中にはメールを送るようにしましょう。ここでは「スピード=誠意」です。
併せて、感謝の内容は「何に」「どのように」感謝しているのかを具体的に伝えることも大切です。形式的なお礼メールだと、事務的に捉えられマイナスの影響を与える可能性があります。

社内メールでお礼で使う基本フレーズ


基本フレーズは「~いただき、ありがとうございます」です。
「深く御礼申し上げます」など手紙や社外で使われる言い回しより、「~いただき(~してくださり)、ありがとうございます」の方がメールでは行為が保たれます。

一つのメールで複数のことでお礼を伝えたい場合は「また、~の件につきましても重ねてお礼申し上げます」などの表現が一般的です。
下記に基本フレーズや便利な敬語のフレーズを紹介します。

【感謝の言葉・基本フレーズ】

  • 「~いただき、ありがとうございます」
  • 「~くださり、まことにありがとうございます」
  • 「重ねてお礼申し上げます」
  • 「ありがたく思っております」
  • 「感謝いたしております」
  • 「まことに恐れ入ります」

【便利な敬語フレーズ】

  • お心遣いをいただき、
  • 結構な品をお贈りいただき
  • 丁重なお中元(お歳暮)の品をご恵贈いただき、
  • お忙しい中お時間をいただき、
  • ご丁寧なおもてなしにあずかり、
  • お気遣いいただき、
  • ご配慮くださり、
  • ご足労いただき、
  • お力添えをいただき、

社内のお礼メールの書き方

お礼の社内メールの時に便利な件名を紹介します。
件名のコツは件名だけで、メールの内容がおおよそ予測できるようにしましょう。

  • メール件名: ご協力のお礼
  • メール件名: ボランティアご協力のお礼
  • メール件名: 資料作成ご協力のお礼
  • メール件名: 展示会ご協力のお礼

メールの宛名は「○○ 部長」「営業部 各位」「営業部の皆様」などが適切です。
社内の相手には「名字+役職」か「名字 様」を使いましょう。
「○○部長 様」などの役職者に「様」をつけることは二重敬語になるため、注意が必要です。


社内メールでお礼の例文・テンプレート

社内のお礼メールを状況・シーン別に紹介します。

協力へのお礼(社内へ)

社内の複数の人へ、協力いただいたお礼をメールで送る時の例文です。感謝の気持ちと、協力いただいたことの具体的な成果についても触れるようにします。

メール件名:ご協力のお礼
〇〇チームの皆様

お疲れさまです。
〇〇部の△△(自分の名前)です。

この度、〇〇につきまして、皆様お忙しい中、多大なるご協力をいただき、誠にありがとうございました。
おかげさまで□□を達成することができ、大成功を収めることができました。
これもひとえに皆様のお力添えの結果だと感謝の気持ちでいっぱいです。

今後もお力をお借りすることがあるかと思いますが、どうぞよろしくお願いいたします。
取り急ぎ、メールにてお礼申し上げます。

署名

同行のお礼(上司へ)

メール件名:展示会参加のお礼
営業部の皆さま

お疲れ様です。
先般は展示会に際し、お力添え頂き誠にありがとうございました。

皆さまのお力添えにより大盛況のもと展示会を終えることができました。来場者数も当初見込んでいた以上の集客ができ、さらには多数の新規引き合いも頂くことができました。

ひとえに皆さまのご協力によるものと感謝申し上げます。

またお願いする機会もあるかと存じますが、どうかご容赦いただければ幸いです。今後とも宜しくお願い致します。

略儀ながら、まずはお礼かたがたご挨拶申し上げます。

食事のお礼(上司へ)

上司に食事をご馳走になった場合にお礼のメールを翌日の朝に伝えましょう。
直接お伝えするのがベストですが、週末など挟む場合には簡潔にメールでお伝えしましょう。

メール件名:食事のお礼
〇〇部長
お疲れさまです。△△(自分の名前)です。

昨日はお忙しい中、貴重なお時間を割いていただきありがとうございました。
仕事をする上で参考になるお話しをいろいろと伺うことができ、大変勉強になりました。

まだまだ至らない点が多く、ご心配をおかけしますが、今後ともよろしくお願いいたします。
どうぞ良い週末をお過ごしくださいませ。

メールでのお礼は対面よりも難しいく、感情や想いが伝わりにくいです。
そのため、丁寧に文章を作成することで、誠意をしっかりと伝えましょう。

今回は、お礼メールを書くときのポイントと、さまざまなシーンで使えるメール文例をご紹介します。これを参考にしながら、できるビジネスパーソンを目指しましょう。