自己啓発

研修の効果測定はどうやるの?効果の高い研修のやり方を紹介

研修企画者や担当者にとって最も不安なのが「研修の効果測定」です。
研修は目的を達成させて研修対象者を成長させなければなりませんが、研修は数値的に結果がわかるものや即効性があるものではないので、効果測定が難しいのが実情です。

そんな研修企画者や担当者のお悩みを解消するために本記事では「研修の効果測定」について説明します。

研修で効果測定をする目的

研修の効果を測定する目的は「研修の目的が達成されたのかを確認するため」で、
研修には研修対象者が何かしらのスキルを身につけたりするために目的があります。
目的が達成されていれば研修が成功で、達成されていなければ研修が失敗となります。

研修の中でも企画力、戦略思考、創造性、コミュニケーション、リーダーシップなどの研修は数値化することがとても難しいです。
なぜなら、「KPI(Key Performance Indicator:成果と強い関係のある指標)」のように具体的な数字を使って目的や目標を設定するのが難しいからです。
一方で知識習得などを目的とした研修の場合はテストなどを実施することが研修の効果測定は可能です。

このような背景があり、研修の担当者は効果測定しにくい研修で成果を出さなければならないというジレンマに陥ってしまう。
特に研修担当者は下記のようなことで悩んでいます。

  • どのような研修が効果的なのか分からない
  • 効果測定の方法が分からない
  • 効果が出るまでに時間がかかる
  • 効果測定には手間とコストがかかる
  • 効果の指標として何を測定していいか分からない
  • 職場の上司の協力が得られない
  • 講師の力量によって効果に差が出る
  • 効果測定をすると、経営者からさらに研修効果を要求される
  • 受講者が効果測定を嫌がる
  • 外部の講師を使うと効果測定に限界がある

 



研修の効果測定の検討事項


研修を効果測定を行うにはいくつかのポイントがあります。
闇雲に全てを数値化するのは難しいため要点を絞る必要があります。
「対象」「内容」「効果性」「時期」「データ」の5つの軸で評価項目を設定することができます。

ポイント 詳細
対象
  • 経営・組織・業務への影響…仕事の効率化、業績向上、コストダウン
  • 受講者本人の変化…受講者の知識・スキル・態度
内容
  • 研修そのもの…研修で学ぶ内容
  • 研修により変えたいこと…研修が影響を与えるもの、受講者が影響を与えるもの
効果性
  • 直接効果…受講者本人への効果
  • 間接効果…研修を実施することによる波及効果
時期
  • 研修直後…研修後のタイミング
  • 一定期間後…研修後の測定期間、測定時期の設定
データ
  • 定量的データ…測定すべきハードデータ
  • 定性的データ…評価すべきソフトデータ

表の一番下の「定量データ」「定性データ」について詳しく説明します。

定量データ アウトプット 生産個数、売上高、在庫回転率、顧客数、契約件数
時間 サイクルタイム、設備の寿命、加工時間、会議時間、作業時間
コスト 製造コスト、変動費、固定費、管理コスト、事故コスト
品質 不良欠陥率、手直し数、事故数、基準からのズレ、クレーム
定性データ 満足 職務満足、信頼感の向上、ロイヤリティ、顧客満足
勤怠 欠勤率、遅刻、安全規則違反、セクハラ件数
風土・環境 不平・不満人数の数、差別告発、退職率、勤務満足
スキル 意思決定・問題解決スキル、新スキルの活用率、習熟率
育成 昇進率、合格率、研修への参加人数
モラル プロジェクトの成功件数、提案件数、アイデア実行数

定量データは誰が見ても同じですが、定量データが人によって捉え方や感じ方が異なります。



研修で効果測定の仕方

研修の効果測定には4段階評価法で研修の目的が達成できたかで測定することができます。
研修内容や対象者に合わせてレベルを設定し、効果測定の方法を検討しましょう。

レベル 方法 メモ
レベル1 アンケート調査
  • 「学習者の反応」の測定
  • アンケートで測定する主な項目としては「研修の題材」「講師」「研修の学習方法」「設備」「スケジュール」など
レベル2 テスト
  • 「学習の定着」の測定
  • 研修で取り扱った内容をテストの形式で出題
レベル3 学習内容の実践
  • 研修から一定期間過ぎた後に、研修の参加者やその人と同じ現場にいる上司や同僚・部下に対してインタビューやアンケートを実施し、研修で学んだことが実践できているかを調査
レベル4 結果への反映
  • 企業の売上や生産性、サービスの質

効果測定をする際には比較対象を置くことで、研修を受けた人と、受けていない人の違いを調査することができ、研修効果が計測しやすくなります。
研修内容に応じて行動変容に必要な時間をおおよそ計算し、その時間が経過してから調査を実施します。

研修の効果測定をやりやすくするには研修の「目的」と「目標」を明確にすることが大事です。
そして、目標達成には「経営者として」「研修担当者として」「研修受講者として」とそれぞれの立場で「目的」と「目標」を設定することで、効果測定や振り返りなどが行いやすくなります。