自己啓発

研修やトレーニングの仕方は3種類!OJT・Off-JT・SDSの比較やメリットデメリットを紹介

人材育成や従業員のモチベーションの向上は会社にとって永遠の課題です。
そして、時代が変わる中で人材のタイプや習慣も代わり、過去の研修やトレーニング内容が通じなくなることもあります。
研修対象者や相手に合わせ、研修の内容も変化させていかなければなりません。

本記事では研修やトレーニングの仕方3種類のOJT・Off-JT・SDSをそれぞれ説明します。

OJT・Off-JT・SDSの比較


研修やトレーニングはOJT・Off-JT・SDSの3種類の方法があります。
どのやり方もメリットデメリットがありますので、比較しながら説明します。

OJT Off-JT SDS
英語 On the Job Training Off the Job Training Self Development System
目的 実践的なことを学べる 基礎知識習得 自発的な学習の推奨
効果 アウトプット型 インプット型 セルフ型
費用 ゼロ 会場代・講師代 各種サポート
特徴 上司・先輩が、職務を通じて、部下を育成指導していく方法 集合研修で全員に同じ内容 やる気のある人にとっては便利
メリット 体系的に学べるため
知識の整理がつく
体系的に学べるため
知識の整理がつく
個人で学ぶ姿勢、体制が生まれる
デメリット 体系的に学べないので知識が深まりにくい
指導者によってばらつきが出る
実務へそのまま使えないことがある
知識を整理して応用をする
研修を行う手間が省ける



OJTとは

OJTとは「On the Job Training」の略で実地研修や企業内訓練のことを指します。
実際に業務をしながら、手順ややり方やスキルを学びます。
例えば、営業職の先輩が新入社員を取引先に連れていき、可能な限り新入社員からお客様に説明をして、必要に応じて先輩社員がフォローを行うのがOJT研修です。
実際に手や体を動かしたり、現場で行いますので失敗しながら学ぶことができます。
その業務や仕事の理解度や失敗しやすいところも把握でき、他の研修方法と比較した場合に、OJTは技能習得や理解度は早いです。

仕事をしながら教育や育成することは大変ですが、計画的/段階的に社員を成長させることができます
基本的には「OJTの目的や意義の明確化」→「OJTの目標設定と計画作成」→「実践」→「振り返りとそれを元に次の計画」で、このサイクルを回していきます。

OJT実施者は一度に数名しか教えることができないですが、少人数ですので一人一人のペースに合わせてトレーニングをすることができます。上司やトレーナーからしても、理解度などを把握できるため細かく指導できるのが魅力的です。

一方、OJTのデメリットは仕事の現場での実務は偶然の要素が多く、必要な要素を体系立てて網羅することが難しいです。また、教育者やトレーナーによって、育成者の理解度や成長にばらつきがあり、とても属人的です。

Off-JTとは

Off-JTとは「Off the Job Training」の略で職場外研修(座学やセミナーなど)で知識面を成長させます。
研修講師は社内の人の時もあれば外部に講師を依頼することもあります。
日常の業務に直結する研修内容だけでなく、社会人としての基礎能力や各ポジションや役割に合わせて一般的な能力を研修します。

Off-JTのメリットは必要な能力や要素を体系的に学べるため、受講者個人であらゆることに応用ができます。また、大人数に対して研修を行うため、集中力が高く全員に同じ内容を提供することができるため、個人差が生まれにくいです。

一方デメリットは研修後から即使えるスキルや能力ではなく、実務に直結しにくいことが多いです。また、従業員を拘束して研修を行うため売上に直結するしないため、非効率に感じることもあります。
そのほかには会場や講師などの費用が発生します。

SDSとは

SDSとは「Self Development System」の略で自己啓発援助制度といい、社員が自発的に学習や自主研修が行える環境の構築をしたり、サポートをすることです。
自主的な「自己啓発」である研修に対して、それを職場として認めてやり、なんらかの支援・援助を行うことである。
OJTやOff-JTと比較すると馴染みの薄い研修制度になります。

具体的には、専門誌や業界紙の定期購読や購入、通信教育等の費用の負担、資格試験の受講料の補助、学習スペースの提供などです。研修制度ではなく、福利厚生として提示している企業もたくさんあります。

研修はどうしても受け身になることが多いですが、専門技術・スキルなどは社員によっては個人で学んだ方が早く身に付くこともあります。



OJT・Off-JT・SDSの混合研修が主流に

日本の企業の研修はOff-JTとOJTが主流でした。
まず、Off-JTで一般的なことや形式的に研修を行い、その後実務を通じて実践を取り入れていく企業が多かったです。
しかし、昨今では人材の多様化や働き方改革による働き方の多様化、テクノロジーの進歩などがあり、過去の研修方法が効果的ではなくなっています。

OJT・Off-JT・SDSはそれぞれメリットデメリットがあるので、研修対象者に合わせて3種類を使い分け混合学習の制度の構築が日本の企業にも浸透してきています。
混合学習とは文字通り、OJTとOFFJTを組み合わせ行う事で、知識も理解しつつ実務で学ぶのが良いとされます。

従業員が成長し、パフォーマンスを最大化するために最適な研修を実施していきましょう